ごあいさつ

階層リンク
ホーム
ごあいさつ

ごあいさつ - はじめに

名城大学理工学部の理工学教育推進センターは理工学部の教育改善を推進することを目的として平成19年6月に設立されました。前身は教育改善委員会と教育GPワーキンググループであり、様々な教育改善にかかわる取り組みを全学組織である大学教育開発センターと連携して実施しています。

本センターは教員と職員との協働で運営されおり、9学科の教員各1名と教養教育分野の教員2名、関連委員会の委員長などの計15名の教員と、全学組織である学務センターや大学教育開発センターおよび理工学部の職員の6名で構成される委員会が設置されています。

現在は、理工学部各学科の専門教育の基礎となる数学と物理学を対象とした初年次教育の改善やICTを活用した教育環境の構築などの取り組みを実施する共に、教職員の職能開発の意識向上を目的とした理工学教育推進フォーラムなどを開催しています。

グローバル化する知識基盤社会を迎える中で、学士課程教育には未来の社会を支え、より良いものとする「21世紀型市民」を育成するという公共的な使命が求められています。この使命を全うし、社会からの信頼に応えるべく、より一層の教育改善に取り組んでいきたいと考えています。

理工学教育推進センター長 吉久光一
サブカテゴリー目次
ごあいさつ
その他のコンテンツ目次
サイトマップ
リンク集